扇動マーケティング 濱田大輔の実力は?検証レビュー

  • 2019年1月9日
  • 2019年8月6日
  • 未分類
  • 8View
  • 0件

こんにちは!誠です!!

本日紹介するのは株式会社GRASPのだいぽんこと濱田大輔の

扇動マーケティングについてです!!

気になる検討レビューはどうでしょう?

特定商取引法

販売者:株式会社GRASP
運営統括責任:濱田大輔
住所:東京都世田谷区北沢2丁目8-6 菱和パレス下北沢駅前704
連絡先TEL: (50) 5806-1645
E-mail: daipon02@gmail.com
※お問い合わせはメールにてお願いします。

URL http://afr9.net/sendou/letter/
濱田大輔
濱田大輔

レビュー

ちなみにこの扇動マーケティングのビジネスモデルとしては実は「アフィリエイト」となっております。
だからもちろん、「誰もが簡単に絶対に稼げる」というのは大きな間違いですね。
そしてこの商材は具体的なアフィリエイト手法を教えてくれる指南書でもありません。

ご時世、副業を始めなければ~お金を稼ぎたいなぁ~

じゃあ何を教えるの?って感じですね!まあ集客用ツールらしいですけども

実際に購入した方のマイナスのコメントはこちら↓

・この商材プラスαがないとどうにもならんよな

・くそ高い金払ったのに全然稼げなかった

・何のレビューもない時点でお察し

・だいぽんを盲目的に褒める情報ばかり
 これが扇動マーケティングの力(笑)

http://started-affili.seesaa.net/article/440318346.html

この商材スタートじゃ無理ゲーでしょうね笑

この商材を購入する時点で、既に扇動されています、
扇動されて購入した商品さえ使えば、扇動できるとは限りません・・・
結論
内容の割に価格が高く、購入する時点で扇動されている
オススメしません!

ネットビジネスでワンランク上の生活をおくるブログ

なんだか禅問答みたいな話になってきてますが

この商材を買ってしまうこと自体がすでに扇動されているという

なんとも皮肉な構図になっていますね!

濱田大輔(だいぽん)

だいぽんこと濱田大輔についても調べていこうと思います!

元々自給720円のアルバイト生活の中せどりで大成功を

収めて現在は自由に生きているという経歴をお持ちなのは

濱田氏の電子書籍にも詳しく記載があるのでお分かりの方も

多いと思いかもしれません!

ブログでも悠々自適に旅行している記事を載せていますね!

この辺りがすでに扇動が始まっているんじゃないかと感じます。

かつて濱田氏が販売していた新世界アフィリエイトもかなり評判は

よくないみたいです!

俺ですら2ティア報酬5万以上あるがこいつや
だいぽんはねぇー
所詮こいつ等は自分の育成実績を偽り話を大きくし
自分をブランディングしているだけの事

https://www.no1-reviewer.com/review/2013/02/post-700.php

確かに稼いだのかもしれないですが偽りで稼いだ人が

自身の商材で偽らないという証拠は?と思ってしまいますね。

まとめ

それではまとめです!

・扇動だけでは初心者には再現、収益化は不可能
・購入者自身が扇動されないように注意

個人的な意見ですが、このようなアフィリエイト系商材を販売する方は
自身がアフィリエイトによって稼ぐことよりも
「アフィリエイト系商材を販売して」稼いでいるというイメージがあります。
 
よってだいぽん氏も「アフィリエイトで稼いでいる」のではなく
「扇動マーケティング」を
30,000円にて販売する事で稼いでいるのでしょう。

http://info-boynews.com/samurai-26/

わざわざご丁寧にこれは稼げる!って商材を販売する裏には

何かしら販売元にメリットがあるからですよね!

サポートや返金保証がないこともそれを示しているんじゃないかと

思います!商材内容に自信があるのであればサポートをつけたり

返金対応などで成功者を増やす方が結果的に販売後の人気にも

繋がりますからね笑売りっぱなしというのも売れたらそれでいいという

ことを表してますよね!

だいぽんは別の商材も販売していてやっても稼げなかったという

声も出ています!

ABAはノウハウを教えてくれるけど、
戦略を一緒に考えてくれるわけでもない。
記事添削をしてくれるわけではないんです。

https://zenryokulife.com/blog/daiponaba/

以上のことからこの商材をお勧めすることはできません!

最後まで読んでいただきましてありがとうございます♪

濱田大輔
最新情報をチェックしよう!